会社概要 採用情報
●よくある質問 Q&A
Q1 ローマイヤ製品はどのようにつくられていますか?

A1
 原料肉には、厳選した牛肉と豚肉を使用しています。

澱粉や植物性蛋白などのつなぎも使っておりませんので、良質な肉本来のおいしさをお楽しみいただけます。

Q2 添加物は使用していますか?

A2 最小限におさえました。

合成保存料や増量材、合成保存料は使っておりません。香辛料においては、100%天然のものだけを使用し、極力、自然のままの食味を追求しています。

Q3 時々、売切れているようですが。

A3 多くのお客様にご愛顧いただきありがとうございます。

充分な量をご用意いたしておりますが、保存料を使用していないためつくりおきが出来ず、短期間にたくさんのご注文をいただいた場合、申し訳ございませんが、お時間をいただくことがあります。
品質のためには手間と時間を惜しまない、創業以来のこだわりにご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Q4 ローマイヤのハムは他社製品と比べ少々塩辛く感じますが。

A4 創業当時から受け継ぐ伝統的な製法で製造しているからです。

最近のハムのほとんどにはうまみ調味料が使用されており、まろやかな風味があるため、塩辛さを感じなくなります。しかし当社では、極力添加物を使わない伝統的な製法で仕上げているため、黒ラベルシリーズにはうまみ調味料を使用せず、ストレートな塩辛さを感じることがあります。

Q5 また、ローマイヤのハムは他社製品と比べパサパサしている気がしますが。

A
5 肉本来の旨味を大切にした、伝統的な製法を守っているからです。
ハムは、原料肉を塩や香辛料を溶かした液(ピックル液)に漬け込んだ(塩せき)あと、整形、燻煙、ボイルして作ります。しかし最近では、塩せきをするかわりにピックル液を原料肉に直接注射することで、短時間で安価な商品を大量に作る方法が多くなっており、その方法により肉に多くの水分を抱え込むことができるため、プリプリとした食感に仕上がります。それに比べ、当社のハムは水分の量が少ないため、それをパサパサと感じる方もいらっしゃるようですが、肉本来の旨味を感じることのできる、昔ながらの味に仕上がっているのです。

Q6 「乾塩製法ロースハム」の意味と特徴はなんですか?

A6 乾塩法というハムの製法で作ったロースハムで、昔懐かしい味と食感が特徴です。

乾塩法とは、豚肉一本一本に食塩や香辛料を直接手ですり込んで塩せきさせる製法です。伝統的な昔ながらの製法で、肉そのままの味や食感をお楽しみいただけます。

Q7 ローマイヤのハムは添加物を最小限に抑えているとのことですが、表示ラベルの原材料名に発色剤(亜硝酸Na、硝酸Na、硝酸K)やリン酸塩と表示されていますが、これらは添加物ではないのですか?

A7 添加物ですが、ハム作りには必要不可欠と考え、最小限に抑えて使用していますので、安心してお召し上がりいただけます。

発色剤は、ハム独特の色と風味を保つために使用しています。発色剤は岩塩等にも含まれており、発色効果だけでなく、細菌が増殖するのを抑える作用や、酸化を抑える作用があります。特に悪名高いボツリヌス菌に対する増殖抑制効果があります。
リン酸塩は、肉の結着補強剤として使用しています。また、保水性を増し、微生物の発生を防ぎ、酸化を防止し、香辛料や調味料などを分散させ浸透を良くするといった働きがあります。
当社では、これら添加物は必要最低限に抑えて使用しております。安心してお召し上がり下さい。

Q8 知人に一本物のハムをいただいたのですが、夫婦2人所帯なので賞味期限内に食べ切れません。どうしたらよいでしょうか。

A8
 
少々風味は落ちますが、冷凍保存をおすすめします。
きれいに洗った包丁で食べやすい大きさに切り分け、それぞれラップを密着させて包み、冷凍庫で保存してください。

Q9 一度開封したハムを冷蔵庫で保管しています。開封後はお早めにお召し上がり下さい、となっていますが、どの位まで大丈夫なのですか。

9 密封して冷蔵保存し、遅くとも1週間以内にはお召し上がり下さい。
長時間空気に触れると、変色したり風味が損なわれることがあります。開封後はラップを密着させて包み、冷蔵庫のできればチルドルームに入れて、遅くとも1週間以内にお召し上がり下さい。それ以上保存する場合は、冷凍保存してください。

 
Copyrights (c) 2006 Lohmeyer Corporation All Rights Reserved.